(旧) 【CVSAネットワーク規約】


第1条(名称) この会の名称を「キリスト教 カルト化被害者支援ネットワーク(CVSA)」とする。
※ CVSAは、Support Network for Christian victims of spiritual abuseの略

第2条(目的) このネットワークは「カルト化した団体、教会、教え」によって被害を被った人たちに対して、精神的・霊的・その他各種支援活動を行なうとともに、 キリスト教界全体のカルト化に対する危機意識の高揚とその予防を図り、もって被害者等の被害の軽減及び回復に資することを目的として設立。

第3条(活動)「カルト化」の実態を明らかにし、被害についての理解および回復のためのサポートをし、更なる被害防止のための啓発活動を行う。

第4条(構成) 本ネットーワークは、事務局、会計を置き、専門家の協力と連携を保ちつつ、ネットワークを通じて、運営される。事務局を通じて、賛同者とともに、連携して「カルト化」防止に務める機関である。

第5条(会員) 本ネットーワークは下記によって構成される。
  ・本会の働きに対して理解と支援をする人。
  ・「カルト化」によって身体的、精神的、霊的、経済的被害を受けた本人とその家族。

第6条(運営) 本ネットーワークは支援金で運営される。定期的に会計報告を行う。

第7条(事業年度) 本ネットーワークの事業年度は毎年1月1日から12月31日とする。

第8条(資格の取り消し) 本ネットーワークに、不適格と考えられる場合は、通知の上、ネットワークより除外する。

第9条(退会) ネットーワーク構成員の都合により退会の旨を事務局に届け出る。

第10条(規約の改正) このネットーワークの規約の改正は、必要に応じて開催する総会にて決定する。

第11条(雑則) 本規約は、2015年3月1日から、施行する。